スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
太陽の民
なんだっけ?ティノテトラン?
大航海時代でもいけるみたいですね。
ってゆーか
みんなのブログ見てると
行ったよーなんて内容書いてる人
多いです。

つい最近かな
渡辺徹がナレーターをしている
NHKの番組でティノテトラン?とかっての
特集やってた
昔はこういう系の番組
まったく見なかったのになぁ
最近は普通に面白いと思う

人が何故人として
文化と文明を築いたのか
人とは何か
根本的な人への探求は
若さでは決して理解したがらない
事ではあるけど・・・・

例のティノテトラン?とやらは
毎度毎度50人程度の
いけにえを必要とした場所とか

いけにえを確保する為に
他国と戦争をせざるを得ない
そんな国だっとか

なぜいけにえが必要なのか?

自分達が勝手に想像した
神々世界が妄想の中で朽ち果てた

その妄想に恐怖して
いけにえを必要とした

同じ人間のやる事なのか?
そして考える事ではないと思った

だけど、毎日の
ニュース、新聞で聞く
人間ドラマは
妄想の世界に恐怖して
現実で人を殺す太陽の民と
なに一つ違いはない

結局、人とはそういうもの
想像と妄想の上だけで
生きている。

きっと私の事嫌ってるわ
きっと私の事好きなんだわ

自分が思ってるほど
相手は、想像以上に何も思っていない
事のほうが多いかもしれない。

たまらないよね
スポンサーサイト
【 2007/03/27 23:43 】

大航海時代 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<季節みたいなもの | ホーム | おっす、オラ、ウータン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nayuamu.blog35.fc2.com/tb.php/194-88e39904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。